青いやつの進捗日記。

べんきょうのしんちょくをかいていきます。

自分用のMacを買い替えたのでyarn入れようと思ったらまずHomebrewとか入ってなかった。npmとかyarnとかnodeとかgulpとかnodenvとかどう入れるんだっけ。インストール。

fukatsu.tech

というわけでまずはこれ。

brew.sh

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

で、Homebrewが入ります。


次に、yarnのインストール。

yarnpkg.com

brew install yarn

これでインストール完了。


で、からのnodeとかnpmのインストール。

nodejs.org

ここで推奨版の最新のnodeを普通にサイトからインストール。


次にnodeのバージョン管理。nodenvを使います。 qiita.com

$ git clone [https://github.com/riywo/anyenv](https://github.com/riywo/anyenv) ~/.anyenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.bash_profile

$ anyenv install --init 
↓これしようとしたらなんか↑これしろって怒られたからした(必要なのか謎)

$ exec $SHELL -l

一応.bash_profileを確認

export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"
eval "$(anyenv init -)"

となっているはず。


ndenvじゃなく、nodenvを入れる(下記曰く、ndenvはいま非推奨) qiita.com

anyenv install —initしてなかったらまずは

anyenv install —init

で、

anyenv install nodenv

Install nodenv succeeded!って出るはず。
で、nodenv install -lで入れられるnodeの一覧みれる

これでローカルでプロジェクトごとにnodeのバージョンを分けられる。

$ nodenv install 10.16.00

そのディレクトリで

nodenv local 10.16.00

これでそのディレクトリのnodeのバージョンは10.16.00になる。


で、gulpのインストール。

qiita.com

$ sudo npm install -g npm
$ sudo npm install -g gulp
$ sudo npm install gulp --save