青いやつの進捗日記。

べんきょうのしんちょくをかいていきます。プログラミング初心者。

ReSpeaker Mic Array v2.0で360度どこから音が鳴ってるかをとってみよう

www.seeedstudio.io www.switch-science.com こちらのセンサーです。 microUSBでとりあえず電源を入れてみると光ります。 マイクが4つついていて、音声を認識すると真ん中が赤く光り、周囲の12個のLEDは音の発信源を認識してそちらの方向のLEDだけが光ります…

Makeblock mBot Ultimate 2.0(Arduino)をArduino.appでコード改変してモーターを自在に動かしてみよう

tech.motoki-watanabe.net の続き。 次は自分でコード改変して動かしてコードの理解をしていこうかなと。 今回もサンプルを参考にしていきたいと思います。 今回も参考にするのは ExampleのMe_MegaPiDCMotor/MeMegaPiDCMotorTest.ino です。 こちらのコード…

Makeblock mBot Ultimate 2.0 (Arduino)にコードを書き込んで動かしてみる。問題も色々発生。

tech.motoki-watanabe.net tech.motoki-watanabe.net tech.motoki-watanabe.net からの、次はmBlockでビジュアルプログラミングして直接操作するのではなく、コードをArduinoに書き込んで動かそうと思います。 いくつかやり方があります。 mBlockからArduino…

Makeblock mBot Ultimate 2.0 をmBlockでビジュアルプログラミングして操作する。センサーもつけちゃう。

tech.motoki-watanabe.net の続編。 ai-coordinator.jp このサイトの後半にも書いてあります。 ちなみにこのサイトだとBluetoothで繋ぐように書いてありますが、コードで繋いでても動くのでどちらでも大丈夫です。 サイトの通り、まずファームウェアのアップ…

Makeblock mBot Ultimate 2.0 (Arduino)と、Macを繋いでMegaPiを認識させる。

ai-coordinator.jp このサイト通りやればいけます。 上記のサイトを参考にすれば、MacがArduinoを認識するようになります。 download - mBlock 上記からmBlock3 for PCというソフトをダウンロードし、 サイトの通り、 Arduinoドライバのインストール 再起動 …

Makeblock mBot Ultimate 2.0 (Ultimate2.0 10-in-1 Robot Kit)を開けてとりあえずRobotic Arm Tankをマニュアル通りに作ってみた

www.makeblock.com www.amazon.com UIST2018のStudent Innovation Contestに採択されたのでデモ発表するのですが、 そのテーマであるMakeblockが届いたので、開けてみて、 そしたらめっっっっちゃパーツあるっていう 去年のテーマだったArduino Braccioとは…

UnityでAR上でモノ同士を衝突させる

画像認識で、もともと入ってるPlayerってオブジェクトを表示させるようにします。 で、その形に沿って衝突を発生させるには、 Mesh Colliderを設定すれば、Meshに沿って衝突するようになります。 こんな感じで新しくPhysic Materialも設定すれば、 跳ね返り…

ARImageAnchorっていう最初から入ってるやつじゃなくて新しく自分でシーン作って画像認識しようとしてるのに出来ないときは、ARCameraManagerを見ろ。

ここです、ここ。 タイトル通りですが、 Detection Imagesってとこの設定も必要です。 YoutubeのやつはARImageAnchor使っててこの部分の話なかったから気づかなかった… 無事画像認識してくれました…