青いやつの進捗日記。

べんきょうのしんちょくをかいていきます。

東京都 新型コロナウイルス対策サイトに貢献したかったのだが、nodeのversionで詰まった。nodenvでnodeのバージョンを管理しているが10.19.0がlistにないしアップデートもできない…!→できた!

[追記]

こちら最新です

tech.motoki-watanabe.net


東京都 新型コロナウイルス対策サイトに貢献したかった。

で、yarn install しようとしたら、

nodenv: version `10.19.0' is not installed (set by./covid19/.node-version)

こんな感じの表示が。で、なぜかって言うと、まあ表示の通りなのですが、nodenvを使ってnodeのバージョン管理をしているのですが、.node-versionがあると自動でバージョンを切り替えてくれるのですね。

で、nodenvでまだ10.19.0は入れていなかった。じゃあ入れよう…と思い

$ nodenv install 10.19.0

をしようとしたら。

ない。そんなものはない。

$ nodenv install -l

で、インストールできるnodeの一覧が見られるのですが、

10.15.3
10.16.0
10.16.1
10.16.2
10.16.3
10.17.0
11.0.0
11.x-dev
11.x-next

10.19.0付近はこんな感じ。ない。

というわけで、nodenvをアップデートしなければいけなさそう。

anyenv / nodenv 使用時に Node.js のバージョンを上げる方法

ここに手法が書いてありました。

anyenvは.anyenvってディレクトリがあると思うのでwhich anyenvとかで探してそこに移動して、そこのディレクトリに移動。一応そこでgit pullしてみましょう。それで解決するものもあるみたいなので…

で、

$ mkdir plugins

からの

$ cd plugins

で、ここで

$ git clone https://github.com/znz/anyenv-update.git

で、Clone。anyanv-updateプラグインがインストールされます。

これでアップデートが可能になり、

$ anyenv update

で、nodenvが最新になります。

これで

$ nodenv install -l

をすると、無事に10.19.0があるので、

$ nodenv install 10.19.0

で入れられます。