青いやつの進捗日記。

べんきょうのしんちょくをかいていきます。

スマホで1回タップしたらってコードを実装したい、UnityでARKitでC#でiOSで。

UnityでiOS/Android/Editorの共通タッチ処理を実装する - Qiita

この記事を参考に。

1回タップしたらなにかしたいってってあるじゃないですか。

そんなときに!かくコードは!これ!

~~.cs

void Update () {
  
  〜〜〜

  //タップしたら1回発動
  if( 0 < Input.touchCount){
    if (Input.GetTouch(0).phase == TouchPhase.Began) {
      〜〜〜
    }
  }

  〜〜〜

}
if(0 < Input.touchCount)

で画面にタッチしてるミリ秒(だったはず)の値が入るInput.touchCountが0より大きくなったら = 画面にタッチされたら

Input.GetTouch(0)

で1つ目の入力(複数の指で同時に複数画面触れますよね、その1本目、という意味のはず)

で、

Input.GetTouch(0).phase == TouchPhase.Began

で、その入力が触り始めなら、という意味です。

指がずっと画面に触れ続けてても、最初の入力のしはじめのみ検出します。