青いやつの進捗日記。

べんきょうのしんちょくをかいていきます。プログラミング初心者。

Makeblock mBot Ultimate 2.0 をmBlockでビジュアルプログラミングして操作する。センサーもつけちゃう。

tech.motoki-watanabe.net

の続編。

ai-coordinator.jp

このサイトの後半にも書いてあります。

ちなみにこのサイトだとBluetoothで繋ぐように書いてありますが、コードで繋いでても動くのでどちらでも大丈夫です。

サイトの通り、まずファームウェアのアップデートをしましょう。

そして、

いじってみる

f:id:XxGodmoonxX:20180824024949p:plain

実際画面はこんな感じです。

f:id:XxGodmoonxX:20180824025103p:plain

ここからモードを選べます。

ArduinoモードにするとArduinoのコードらしきものをかが出てきます。
今回はmBlockで全部ビジュアルプログラミングして動かすことをやるので一旦無視。

このパンダが映ってるところは、キャラを右のスクリプトで動かせたり、

緑の旗をイベントとして使えます。

f:id:XxGodmoonxX:20180824025301p:plain

わりと直感的な操作ですね。

ちなみにmBotに接続している状態ならば、mBlockでビジュアルプログラミングをしたらそれが即反映されるようになっています。

が、注意が必要で、

f:id:XxGodmoonxX:20180824030659p:plain

いまArduino繋いでないので選べないですが、

初期設定に戻す

というのがあります。

これを選んでArduinoにアップロードしてないとmBlockから操作できません。

ちなみにスマホのmakeBlockってアプリでBluetooth接続して操作するときも同様。

tech.motoki-watanabe.net (↑の後半にスマホアプリについて書いてます。)

ある意味これは初期設定に戻している、というよりアプリから直接操作できる設定にする、というコードをMegaPiに書き込む、と思っていいと思います。

mBlockでプログラミングしてMakeblockを動かす

Makeblock mBot Ultimate 2.0Robotic Arm Tankを組み立ててる場合、

ポート1〜3にモーターをつけているので、

f:id:XxGodmoonxX:20180824031422p:plain

エンコーダー付モーター「①」のパワーを「②」にする

①でポート1、②で255とか数値選べば動きます。

このコードを動かすイベントは、

f:id:XxGodmoonxX:20180824031551p:plain

ここから選んで付けてあげましょう。

最終的に私はこうしました。

f:id:XxGodmoonxX:20180824031638p:plain

センサーをつなげてみる

Makeblock mBot Ultimate 2.0の場合、

https://www.robotshop.com/media/files/images2/me-megapi-shield-rj25-desc1.jpg

このポート6〜8に超音波センサーとかジャイロセンサーとか繋げられます。

それもキットに付属しているはずなので、つなげてみます。

f:id:XxGodmoonxX:20180824033644p:plain

こんな感じで距離を使えるので、これを演算のとこからこの値より大きい、とかで指定してあげると

f:id:XxGodmoonxX:20180824033826p:plain

これを制御のところで

f:id:XxGodmoonxX:20180824033923p:plain

とかやると超音波センサーの値を使えます。


ちなみに、スマホアプリも、編集のところから超音波センサーのUIを選べて、

Bluetoothを繋いでいればリアルタイムで超音波センサーの値をとれます。

mBlockでビジュアルプログラミングしたものを、Arduinoにアップロードしようと思うと…

f:id:XxGodmoonxX:20180824035621p:plain

ここから出来ると思うんですけどね。というか出来るは出来ると思うのですが。

このArduinoのコードらしきものが書いてある画面、ビジュアルプログラミングしても更新されない。

こればっかりは謎です…